HOME > プロジェクト > 新融合領域ユニット

A-1

新融合領域ユニット

6F

0613

医療情報とゲノム情報の統合に基づいた
高性能な情報処理による意思決定支援AIシステム

近年、がん遺伝子パネル検査が保険収載されるなどゲノム医療が本格的に私達の暮らしに浸透しつつあります。これにより、ゲノムデータと電子カルテに集積された医療情報データを結びつけ患者さんに合ったプレシジョン・メディシン(精密医療)が現実のものになりました。しかし、これらのデータは膨大な情報を含むため高度な情報処理技術が不可欠です。本研究室では機械学習やAI技術を応用し、ゲノム医療を効率的に推進するためのシステム開発や、疾患サブタイプの推定や分子メカニズムの解明といったデータ駆動型の知識発見を目指します。

講座

ゲノム情報学共同研究講座

共同研究企業

日本電気株式会社

「電子カルテを活用した褥瘡発生リスクに関する研究」はこちら

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

菊地 正隆KIKUCHI Masataka

特任准教授

ゲノム情報学共同研究講座

研究者総覧

メンバー

岡田 佳築OKADA Katsuki

特任准教授

ゲノム情報学共同研究講座

研究者総覧
伊藤 沙紀子ITOH Sakiko

特任講師

ゲノム情報学共同研究講座

研究者総覧
岡崎 敦子OKAZAKI Atsuko

特任助教

ゲノム情報学共同研究講座

研究者総覧
上條 憲一KAMIJO Kenichi

企業等共同研究員

日本電気株式会社

小林 香織KOBAYASHI Kaori

企業等共同研究員

日本電気株式会社

伏見 泰人FUSHIMI Yasuto

企業等共同研究員

日本電気株式会社

久保 雅洋KUBO Masahiro

企業等共同研究員

日本電気株式会社

小阪 勇気KOSAKA Yuki

企業等共同研究員

日本電気株式会社

湯本 英二YUMOTO Eiji

企業等共同研究員

日本電気株式会社

→もどる