HOME > プロジェクト > 再生ユニット

A-10

再生ユニット

7F

0712

再生医療による心臓病治療法の
普及を目指した開発研究

再生医療は現状の治療法では十分な回復が見込めない患者さんに対する新たな治療法として注目を集めており、大阪大学では、骨格筋芽細胞シート移植による重症心不全治療を開発し、一定の効果を上げています。一方、再生医療の開発には、コストがかかる、手作業が多く操作が煩雑、品質の均一性担保が難しい、等の課題があります。本講座では、再生医療に関する知見や保有技術を組み合わせて、ロボット技術の応用による製造工程の効率化、非破壊的品質検査法の開発等によりこのような課題を解決し、再生医療による心臓病治療法をより普及させることを目指します。

講座

心臓再生医療学共同研究講座
心臓血管外科学

共同研究企業

テルモ株式会社
大日本印刷株式会社

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

八代 健太YASHIRO Kenta

特任准教授

心臓再生医療学共同研究講座

研究者総覧

研究開発責任者

澤 芳樹SAWA Yoshiki

教授

心臓血管外科学

研究者総覧

メンバー

宮川 繁MIYAGAWA Shigeru

特任教授

先進幹細胞治療学共同研究講座

研究者総覧
佐波 理恵SABA Rie

特任助教

心臓再生医療学共同研究講座

研究者総覧
→もどる