HOME > プロジェクト > 新融合領域ユニット

A-14

新融合領域ユニット

8F

0801A

先端ゲノム医療の開発と臨床実装

大阪大学とタカラバイオ株式会社との間で平成29年8月に締結した「ゲノム医療の社会実装に向けた連携推進に関する協定書」に基づき、がんクリニカルシークエンスなどの先端ゲノム医療の開発と臨床実装を目指しています。以下の研究内容を実施しています。

●タカラバイオ保有技術を活用したがん遺伝子パネル検査の開発と臨床評価
●リキッド・クリニカルシークエンスの社会実装のための技術開発
●ゲノム解析結果の臨床評価・キュレーションのためのシステム開発
●腸内微生物叢解析の疾患バイオマーカー探索のための技術開発
●シングルセル解析の臨床応用のための技術開発

講座

先端ゲノム医療学共同研究講座

共同研究企業

タカラバイオ株式会社

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

前田 大地MAEDA Daichi

特任教授

先端ゲノム医療学共同研究講座

メンバー

谷内田 真一YACHIDA Shinichi

教授

がんゲノム情報学

研究者総覧
辻本 善政TSUJIMOTO Yoshimasa

特任講師

先端ゲノム医療学共同研究講座

高井 英里奈TAKAI Erina

助教

がんゲノム情報学

研究者総覧
嶌田 雅光SHIMADA Masamitsu

部長

タカラバイオ株式会社

→もどる