HOME > プロジェクト > 免疫創薬ユニット

B-7

免疫創薬ユニット

8F

0813

最先端医療技術の融合による画期的な
消化器癌先進化学療法の実現化プロジェクト

アンメットニーズが高い疾患を対象にして世界に類を見ない融合療法を開発し、従来の治療法では完治が望めなかった難治性が高い消化器癌を対象にしています。免疫学、再生医療、腫瘍学までボーダーレスに戦略的に取り組みます。次世代に相応しい画期的な医療シーズの開発による革新的な創薬・育薬から迅速な臨床応用まで連続的に推進・展開します。戦略目標は、臨床情報を詳細に解析し、画期的なシーズ創出と育薬展開です。様々な企業と連携しphaseⅠ~Ⅲまでの開発治験に力を入れており、消化器外科および阪大関連病院と協力した症例集積の迅速さが強みです。

講座

先進癌薬物療法開発学寄附講座

共同研究企業

株式会社ヤクルト
中外製薬株式会社
小野薬品工業株式会社

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

佐藤 太郎SATOH Taroh

寄附講座教授

先進癌薬物療法開発学寄附講座

研究者総覧
→もどる