HOME > プロジェクト > 再生ユニット

B-11

再生ユニット

7F

0703

バイオナノテクノロジーを用いた
革新的医療機器の開発

中性で高い透明性を持ち、スキャホールドとして機能するナノテクノロジーを用いて開発された新規自己集合性ペプチドゲルの医療機器への応用を目指します。同時に、医療機器が生体組織に接触した際に与える影響を評価する方法の開発を進めます。

自己集合性ペプチドゲルを用いた医療機器開発は、ゲルの透明性を生かすことができる眼科分野を中心に進めます。具体的には、手術時の補助材や組織代替材などの開発を行います。

評価法の開発については、様々な条件での生体組織の表現型を解析できる最新のバイオテクノロジーを用います。具体的には医療機器としてコンタクトレンズに着目し、その装用が眼表面環境に与える影響を評価する方法を開発します。

講座

先端デバイス医学寄附講座

共同研究企業

株式会社メニコン

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

西田 幸二NISHIDA Kohji

教授

眼科学

研究者総覧

メンバー

松下 賢治MATSUSHITA Kenji

講師

眼科学

研究者総覧
馬場 耕一BABA Kouichi

寄附講座准教授

視覚再生医学寄附講座

研究者総覧
林 竜平HAYASHI Ryuhei

寄附講座教授

幹細胞応用医学寄附講座

研究者総覧
高 静花KOH Shizuka

寄附講座准教授

視覚先端医学寄附講座

研究者総覧
橋田 徳康HASHIDA Noriyasu

特任講師

眼免疫再生医学共同研究講座

研究者総覧
相馬 剛至SOMA Takeshi

助教

眼科学

研究者総覧
原 千佳子HARA Chikako

寄附講座助教

先端デバイス医学寄附講座

研究者総覧
河嶋 瑠実KAWASHIMA Rumi

医員

眼科学

丹羽 一晴NIWA Kazuharu

 

株式会社メニコン

横井 秀則YOKOI Hidenori

 

株式会社メニコン

藤本 美弥FUJIMOTO Miya

 

株式会社メニコン

上杉 晃司UESUGI Koji

 

株式会社メニコン

橋本 尚憲HASHIMOTO Naonori

 

株式会社メニコン

水野 まい子MIZUNO Maiko

 

株式会社メニコン

阪西 弘太郎SAKANISHI Kotarou

 

株式会社メニコン

川端 里佳恵KAWABATA Rikae

 

株式会社メニコン

今安 正樹IMAYASU Masaki

 

株式会社メニコン

永井 祐介NAGAI Yusuke

 

株式会社メニコン

角出 泰造KADODE Taizo

 

株式会社メニコン

→もどる