HOME > プロジェクト > 再生ユニット

C-7

再生ユニット

9F

0902

運動器の関節鏡視下再生
医療手術治療器械の研究開発

運動器組織は、健康寿命の延伸にとって非常に重要ですが、加齢とともに損傷、変性をきたし、組織修復や治癒が従来の治療法では困難であります。本研究では、半月板などの運動器組織に対する再生医療を確立するため、従来の関節鏡視下手術治療器械の評価・改良、および、細胞治療や生体材料などによる治療法の開発、さらには、幹細胞やiPS細胞の利用やそれらを用いた治療用デバイスなどの再生治療器械の開発も行います。

この研究開発によって、すでに大阪大学整形外科教室にて行ってきた再生医療の基礎研究、実用化研究をもとに、運動器に対する治療、再生医療の実用化、研究教育が加速される成果が期待されます。

講座

整形外科学

共同研究企業

スミス・アンド・ネフュー
エンドスコピー株式会社

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

吉川 秀樹YOSHIKAWA Hideki

教授

整形外科学

研究者総覧
→もどる