HOME > プロジェクト > 新融合領域ユニット

C-8

新融合領域ユニット

7F

0709

Team Do Sports Lab
IoT,AIを用いた運動器・循環器・脳・栄養学の
スポーツ医学研究

デバイスの進化に伴い日常生活の中で人々が手軽に取得できるバイタルデータの種類も豊富に、データの質も高まってきています。一方、それらのデータの活用方法(ソリューション)についてはまだまだ発展途上段階にあります。

本研究では一般生活者のスポーツシーンや日常生活における心電位、活動量、大阪大学の提唱するPAM(Personal Activity Metrics)等のライフログ(ビッグデータ)を取得します。運動器・循環器・脳・栄養学等のあらゆる視点を交えデータを解析(機械学習)し、人々が楽しく体を動かしながら健康に日常生活を送ることができるようなAIの開発を目的とします。

講座

整形外科学
スポーツ医学

共同研究企業

株式会社電通

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

前 達雄MAE Tasuo

講師

整形外科学

研究者総覧

研究開発責任者

中田 研NAKATA Ken

教授

スポーツ医学

研究者総覧

メンバー

坂田 泰史SAKATA Yasushi

教授

循環器内科学

研究者総覧
高畑 裕美TAKAHATA Hiromi

特任助教

スポーツ医学

研究者総覧
横山 光樹YOKOYAMA Teruki

特任助教

スポーツ医学

研究者総覧
一山 卓治ICHIYAMA Takuji

プロデューサー

株式会社電通 プロモーション・デザイン局

其道 忠久KIDO Tadahisa

マネージャー

株式会社電通 プロモーション・デザイン局

富岡 宙一TOMIOKA Hirokazu

プロデューサー

株式会社電通 プロモーション・デザイン局

古屋 剛太FURUYA Kouta

アソシエイトマネージャー

株式会社電通国際情報サービス ES関西営業部

→もどる