HOME > プロジェクト > 免疫再生融合ユニット

A-2

免疫再生融合ユニット

7F

0714

細胞医療における免疫制御技術の開発と
品質管理技術の応用開発

免疫制御技術の研究から、新たに糖鎖修飾改変による免疫細胞の品質制御法を開発した。免疫細胞品質管理技術における成果はさらに癌免疫療法への応用が大きく期待できるため今後は免疫細胞制御技術の応用開発を行う。具体的には新たに確立した糖鎖修飾改変による活性化T細胞を応用した新規の癌免疫療法をめざした研究を行う。特にキメラ抗原受容体(CAR)を患者T細胞に導入する治療では、CARの品質とともに媒体となる患者T細胞活性が極めて重要である。申請者らは、新たにCARスクリーニング技術を開発した。この技術により作成したCARと糖鎖修飾改変T細胞の組み合わせることにより癌治療に有用な免疫制御技術を開発する。

講座

免疫分子制御学共同研究講座

共同研究企業

大塚製薬 (株)

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

豊福 利彦TOYOFUKU Toshihiko

特任教授

免疫分子制御学共同研究講座

研究者総覧

メンバー

高松 漂汰TAKAMATSU Hyouta

助教

呼吸器・免疫アレルギー内科

研究者総覧
十河 真司SOGO Shinji

 

大塚製薬 (株) 先端創薬研究所

久保 裕嗣KUBO Hiroshi

 

大塚製薬 (株) 先端創薬研究所

松山 弘典MATSUYAMA Hironori

 

大塚製薬 (株) 藤井記念研究所

→もどる