HOME > プロジェクト > 免疫創薬ユニット

A-4

免疫創薬ユニット

8F

0803, 0804

腫瘍免疫賦活・増強の新規分子・機序の研究と開発
~臨床の観点から~

腫瘍免疫賦活・増強による抗腫瘍効果の達成を目的として、制御性T細胞をはじめとする種々の免疫抑制性細胞の制御法や免疫賦活因子を探索し、創薬シーズの創出を塩野義製薬と共同でめざします。免疫回避機構の制御による抗腫瘍効果の誘導は近年注目を集めています。この機構には、CTLA-4やPD-1などの免疫チェックポイント分子のほか、制御性T細胞などの免疫抑制性細胞も属していることから、制御性T細胞を発見した免疫学フロンティア研究所・坂口志文教授および基礎腫瘍免疫学共同研究講座と共同でそれらの抑制方法を研究し、臨床研究推進のため消化器外科・婦人科・泌尿器科・呼吸器・免疫内科と協力体制を構築しています。

講座

臨床腫瘍免疫学共同研究講座

共同研究企業

塩野義製薬株式会社

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

和田 尚WADA Hisashi

特任教授

臨床腫瘍免疫学共同研究講座

研究者総覧

メンバー

岩堀 幸太IWAHORI Kouta

特任講師

臨床腫瘍免疫学共同研究講座

研究者総覧
岡澤 晶子OKAZAWA Akiko

特任助教

臨床腫瘍免疫学共同研究講座

研究者総覧
→もどる