HOME > プロジェクト > 免疫再生融合ユニット

A-13

免疫再生融合ユニット

6F

0614

超高齢社会の課題である
介護・寝たきりの問題や癌の問題を
先進医学と伝統医学の融合により問題解決を目指す

超高齢社会を迎えたわが国は、介護・寝たきりの問題や癌患者の増加の問題に直面しています。一方、医療費の伸びは期待できず、これらの問題解決に向けた新たなアプローチが必要とされています。我々は、漢方腎虚概念をヒントに、フレイルを引き起こすサルコペニアや慢性疼痛に対し、牛車腎気丸が効果を示すことを分子生物学的に明らかにし、更なるエビデンス構築や新たな臨床応用を目標に研究を行っています。また、漢方における医食同源の考えを基に、癌ケトン食治療の臨床研究を国内で初めて行い、その臨床効果が高い注目を集めています。我々は、先進医学と伝統医学を融合させた新たな融合医学を構築し、超高齢社会の問題解決を目指します。

講座

先進融合医学共同研究講座

共同研究企業

株式会社ツムラ

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

萩原 圭祐HAGIHARA Keisuke

特任教授

先進融合医学共同研究講座

研究者総覧

メンバー

岸田 友紀KISHIDA Yuki

特任講師

先進融合医学共同研究講座

研究者総覧
馬場 孝輔BABA Kousuke

特任助教

先進融合医学共同研究講座

研究者総覧
猪岡 真二IOKA Shinji

共同研究員(製品戦略本部課長)

株式会社ツムラ 製品戦略本部

→もどる