HOME > プロジェクト > 再生ユニット

A-18

再生ユニット

9F

0902

スポーツ外傷・障害治療における医療機器開発、
および活動量評価法の研究

スポーツ外傷・障害は膝関節をはじめ、肩・肘・足関節や脊椎など、全身の関節・骨・筋・靱帯などにおいてみられます。 これらの外傷・障害に対する治療はスポーツ復帰やパフォーマンス向上において重要です。

本共同研究講座では、いままで整形外科、スポーツ医学が企業とともに実施してきた「運動器の関節鏡視下再生医療手術治療器械の研究開発」と、「動的バランス評価方法の確立とバランス向上トレーニング法の開発研究」との研究成果をもとに、新しい医療機器の開発と実用化、さらに運動療法に対する生体力学的な活動量評価法の研究を行い、社会実装につなげたいと考えます。

講座

運動器スポーツバイオメカニクス学
共同研究講座

共同研究企業

スミス・アンド・ネフュー株式会社
日本ストライカー株式会社
オリンパス株式会社
株式会社電通
株式会社秋山製作所

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

中田 研NAKATA Ken

教授

スポーツ医学

研究者総覧

 

前 達雄MAE Tatsuo

特任教授

運動器スポーツバイオメカニクス学共同研究講座

研究者総覧

メンバー

吉川 秀樹YOSHIKAWA Hideki

理事・副学長

大阪大学

研究者総覧
小笠原 一生OGASAWARA Issei

助教

運動制御学

研究者総覧
近田 彰治KONDA Shoji

助教

運動制御学

研究者総覧
佐伯 広幸SAEKI Hiroyuki

 

日本ストライカー株式会社

井上 和彦INOUE Kazuhiko

 

日本ストライカー株式会社

マーク.C.ミンターMark.C.MINTER

 

株式会社プロティア・ジャパン

戸澤 明子TOZAWA Akiko

 

株式会社プロティア・ジャパン

水田 智子MIZUTA Tomoko

 

株式会社プロティア・ジャパン

→もどる