HOME > プロジェクト > 免疫創薬ユニット

B-1

免疫創薬ユニット

6F

0611

老化関連疾患における
免疫・炎症機構の関与の解明と新規治療法の開発

慢性炎症は難治性疾患に大きく関与しており、新たな制御法の開発が求められています。炎症関連疾患における炎症の持続する機序や線維化の病態を分子レベルで解明し、独創性の高い新規治療法の確立を目指しています。

特に種々の循環器疾患や癌の再発転移に対する分子療法の開発、多角的視点からとらえた認知症や虚血性脳血管障害の病態解明と診断・治療法の開発および幹細胞の病理的・治療的意義の解明を進めています。得られた知見をベースに、トランスレーショナル・リサーチを積極的に行い、世界に通用する治療法の確立と分子治療製剤の開発を産官学連携により実践します。

講座

臨床遺伝子治療学寄附講座

共同研究企業

株式会社ファンペップ

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

森下 竜一MORISHITA Ryuichi

寄附講座教授

臨床遺伝子治療学寄附講座

研究者総覧

メンバー

谷山 義明TANIYAMA Yoshiaki

招へい教授

臨床遺伝子治療学寄附講座

三宅 隆MIYAKE Takashi

寄附講座准教授

臨床遺伝子治療学寄附講座

研究者総覧
武田 朱公TAKEDA Shuko

寄附講座准教授

臨床遺伝子治療学寄附講座

研究者総覧
眞田 文博SANADA Fumihiro

寄附講座准教授

臨床遺伝子治療学寄附講座

研究者総覧
池田 裕香IKEDA Yuka

特任助教

臨床遺伝子治療学寄附講座

研究者総覧
中神 啓徳NAKAGAMI Hironori

寄附講座教授

健康発達医学寄附講座

研究者総覧
→もどる