HOME > プロジェクト > 再生ユニット

B-12

再生ユニット

7F

0701

幹細胞の採取・培養・保存に関する研究ならびに
幹細胞を用いた新規治療方法の研究開発と
製品開発への応用研究

再生医療は、機能不全となった細胞や組織を再生させ、従来の技術では有効な治療法が無かった疾患を治療できる可能性を秘めているが、実用化・産業化に向けて、多くの課題を乗り越える必要があります。本講座では、再生医療のさらなる技術進歩と実用化を目標とし、安定した細胞供給方法の開発と、それに連動した幹細胞を用いた再生治療法の研究を行います。具体的には、間葉系幹細胞や多能性幹細胞の細胞培養法の最適化・低コスト化し、得られる細胞・培養液等を用いた角膜・網膜および全身疾患への応用法を開発し、その実用化を目指します。

講座

幹細胞応用医学寄附講座
眼科学

共同研究企業

ロート製薬株式会社

プロジェクトメンバー

研究開発責任者

林 竜平HAYASHI Ryuhei

寄附講座教授

幹細胞応用医学寄附講座

研究者総覧

研究開発責任者

西田 幸二NISHIDA Kohji

教授

眼科学

研究者総覧

メンバー

辻川 元一TSUJIKAWA Motokazu

寄附講座教授

視覚再生医学寄附講座

研究者総覧
川崎 諭KAWASAKI Satoshi

特任准教授

眼免疫再生医学共同研究講座

研究者総覧
原 進HARA Susumu

寄附講座助教

幹細胞応用医学寄附講座

研究者総覧
相馬 剛至SOMA Takeshi

助教

眼科学

研究者総覧
本間 陽一HONMA Yoichi

招へい研究員

ロート製薬株式会社 研究開発本部

大久保 徹OKUBO Toru

招へい研究員

ロート製薬株式会社 研究開発本部

柴田 峻SHIBATA Shun

招へい研究員

ロート製薬株式会社 研究開発本部

→もどる